FC2ブログ

東京都専門学校テニス連盟

9月27日(月)

クルム伊達公子
東レパンパシフィックテニスで、39歳のクルム伊達公子が、マリア・シャラポワに勝ちました!。
シャラポワは前年度覇者で、世界ランキング15位、対するクルム伊達公子は67位。
30代最後に日に、フルセットで、いくら全盛期のシャラポワでないとしても快挙です。

このニュースを聞いて、1996年のフェドカップ(国別対抗戦)を思い出した人も多いはずです。
日本VSドイツでの対グラフ戦です。
フルセットの12-10(最終セットは2ゲームアップ)でランキング1位のグラフを破った、3時間以上の熱戦でした。
松岡修造も観客席で日の丸を振って、応援団長をしてした試合です。

そのときのフェドカップの監督が、日本工学院八王子専門学校で総監督をしている坂井利郎先生です。
関連記事